看護師不足解消のための取り組み

全国的に看護師不足が叫ばれている現在、人手不足解消のためにどのような対策がとられているのでしょうか。
看護師の離職の理由として一番に挙げられるのが、夜勤なども含めた不規則な勤務体制です。
独身ならば問題なく対応できる時間帯でも、結婚すれば事情は変わります。
出産し、子どもができればなおさら。
働くお母さんたちが待機児童の問題に悩まされているように、看護師たちも子どもの受け入れ先がなく職場復帰できずに能力を持て余しています。
その現状を打開すべく、院内に託児所を設ける病院も現れはじめました。
また、職場の人間関係やキャリアに悩む人のために、相談室を設置するところも。
再就職を促すために、看護師の転職を助ける機関も増えています。
看護師不足、一日でも早く解消されるといいですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ