なぜ高い?看護師の離職率

もうずいぶん前から看護師の離職率が問題になっていますが、歯止めがかかる気配はありません。
一般的に、看護師の仕事はきついと思われています。
しかし、職務時間内に緊張を強いられるのは、看護師ばかりではありません。
ということは、問題はほかにあるはず。
日本が高齢化社会を迎えてから、多くの高齢者が平等にケアを受けられるよう、医療の現場にも改革がもたらされました。
それまでは看護師1人に対して患者数10人だった配置基準が、1人あたり7人へ。
これが看護師にとってプラスに働くと思いきや、診療報酬基準の改変で大病院が看護師を囲い込む結果になってしまったのです。
結果、医療界全体での看護師不足の解消はならず。
人員不足がさらなる不足を呼ぶ悪循環になっている現状なのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ