ナース人材バンクとハローワーク、どっちがいい?

20130822164310-27S

看護師転職において重要視されること

看護師転職において重要視されることは大きく分けて3つあります。
一つ目が「高収入」です。
看護師の仕事には肉体的な苦痛や精神的な苦痛も伴うため、比較的リスキーな仕事ととも言われています。
それ故に高収入な病院が多いのですが、中には仕事内容と合致しないような収入に不満を抱える方も多いです。
そのため高収入であることが第一条件とされています。

二つ目が「高待遇」です。
こちらも前者同様に、厳しいお仕事ですから待遇面でも良い方が良い、と考える方が多いのです。

そして三つ目が「社風」です。人間関係などにもつれの多い仕事場ですので、転職先は社風の良い所が良いと考える方がとても多いです。

以上の条件に見合う求人先を探すのに、ナース人材バンクとハローワーク、どちらが使えるのでしょうか?

信頼性ならハローワーク

では最初にハローワークを見ていきましょう。
ハローワークの場合、国が運営している求人情報サービスですので、看護師転職サイトに比べると一般的に信頼性が厚いと言えます。

しかし、ハローワークで求人を探す際に大きな問題となるのが、「情報の少なさ」です。
本当に知りたいこと・・・例えば人間関係や給料面などについて、ハローワークの職員が教えてくれることには限りがあります。

本当に知りたいことが分からない状態で面接に行くと、思っていた雰囲気と違ったということで、採用されたけれど結局断ってしまうという方もいますし、採用されて働き出した後で想像と違ったという理由で早期退職される方もいます。

求人数・サポートの手厚さならナース人材バンク

やはり、ハローワークと異なり、ナース人材バンクは看護師専用の転職サイトですので、求人数の多さは圧倒的にナース人材バンクです。
ハローワークでは見つけ出せなかった求人が、ナース人材バンクでは見つかる場合があります。

登録や利用は無料で一切お金が掛らないため、看護師専用ハローワークと言っても過言ではないかもしれません。

また、こちらは看護師転職に特化したキャリアコンサルタントが多数在籍しているため、手厚いサポートを受けることも可能なため、ハローワークよりもナース人材バンクがオススメだと言えます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ