ナースバンクとナース人材バンクの違い

20130904172246-23S

ナース人材バンクの場合

ナース人材バンクは、厚生労働省から運営の許可を正式に得て運営をしている看護師転職サイトです。
日本全国に12の拠点を構えているため、登録された方はそちらで看護師求人を探したり、相談をすることも可能です。

しかし、ほとんどの方がインターネットを介して看護師転職を行っていくような形になっています。

看護師求人の数も非常に多く、厚生労働省からの許可有りという信頼性が高い優良なサイトと言えます。
もちろん利用は無料で、紹介手数料なども一切発生することはありません。

無料で利用ができるという点はナースバンクと変わりません。
手軽にインターネットから求人を探していきたい、という方にナース人材バンクはオススメでしょう。

ナースバンクの場合

ナースバンクは、日本看護師協会の運営している会社で、「ナースセンター」「ナースプラザ」とも呼ばれています。

北は北海道、南は沖縄まで、全国に拠点を置いており、企業自体はハローワークから指導を受けているため、安心感がある点がメリットと言えます。

また、ナースバンクでは、難しい面接の指導や研修会などを直接受けることができますので、この辺りに魅力を感じるかもしれません。
ナースバンクは「e-ナースセンター」というサイトを立ち上げており、こちらでも看護師求人の検索を気軽に自宅からでも行うことが可能です。

手厚いサポートはやっぱりナース人材バンク!

ナース人材バンクの手厚いサポートがあれば、ご自身で必死に求人を探す必要がありません。
コンサルタントが条件に見合った求人を見つけ出して紹介してくれます。

一方、ナースバンクの場合は、ご自身の目、ご自身の判断で求人を見つけていくことが主となります。

ですので、求人を探している時間があまりないという方にナース人材バンクはオススメでしょう。

働きならが次の職場を見つけたいというときは、転職活動の時間も制限されてしまいますが、コンサルタントが求人を紹介してくれれば、特別な行動は必要ありません。
無料で利用でき、看護師にとって有益な情報や求人も多数掲載されていますので、興味がある方は登録してみると良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ