再就職手当も受給できる理由

20110602224843-5S

再就職手当が受給できる理由とは?

ナース人材バンクでは再就職手当を受給することができます。

そもそも再就職手当というのは、失業保険がまだ残っている時に内定が決まったという方を対象に、予定を早めてお金を支給するというものです。
そんな再就職手当がなぜ、ナース人材バンクで受け取ることができるのでしょうか?
また、なぜナース人材バンクが、利用者に無料でサービスを提供できる理由をご存知でしょうか。

その理由が、再就職手当がもらえる理由にも直結しています。
簡単にご説明をすれば、私たちの知らない所で「収支をあげているから」です。
そうでなければ、いくら老舗のナース人材バンクでも、運営を続けていくことはできないでしょう。

ナース人材バンクにお金が入る仕組み

ナース人材バンクの利益は、求人掲載の依頼をしている病院などから得ています。
ナース人材バンクばかりでなく、その他の看護師転職サイトでも同様です。

その中でナース人材バンクは「成功報酬型」という方法で利益を得ているため、転職者のみならず、法人側も利用しやすい看護師転職サイトと言えるでしょう。
成功報酬型の方法を取っているナース人材バンクは、登録している利用者に企業や病院を紹介し、その次に面接という形で企業や病院に人材を紹介します。
面接の結果、企業側が良いと思った人材を採用します。
こうしてナース人材バンクは企業・病院から成功報酬として、看護師の年収の10%~30%の金額を得ます。

気になる再就職手当の金額について

求人を探す際に多くの方が気になるのが再就職手当でしょう。
一体いくらの金額がもらえるのでしょうか。

ナース人材バンクの公式ホームページを見ると、「支給残日数×基本手当日額×30%」と記載されています。
この基本手当日額の上限は約6千円で、60歳~64歳の方は約4,800円となっております。

基本手当日額というのは、以前のお仕事を辞められる前の収入を基に計算した1日当たりの支給額を表します。
もしも失業手当の給付が終わる前に内定が決まりそうなのであれば、事前に計算をしてみると良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ