特定看護師

1abb64728dd70ca88e715000d83a7e2f_s

看護師の仕事内容が変わる?!

今、日本では看護師の仕事内容が大きく変わろうとしています。
高齢化社会を迎え、医師や看護師の手が必要になる人がますます増えていくため、看護師ができる仕事の範囲を広げていこうという考えが広まってきています。
その中で、現在、制度の創設に向けて準備が進められているのが「特定看護師」です。

特定看護師の制度が実現すれば、これまでは医師のみが許されていた医療行為の一部を看護師ができるようになります。
それは看護師のキャリアアップに繋がると同時に、医療を必要とする人々が手厚いサポートを受けられることにもなります。

ナースプラクティショナーとの違い

特定看護師とよく似ている制度として比較されるのが、ナースプラクティショナーです。

ナースプラクティショナーも今日本で導入が検討されているものですが、二つの大きな違いは、特定看護師が医師の指導のもとでできる仕事を増やすという制度に対し、ナースプラクティショナーは医師の代わりに診断や処置が可能という点です。

特定看護師になることで、自分自身の可能性を広げたいと考える方は多いでしょう。
そこで気になるのが、どうしたら資格を取得できるのか?ということですね。

しかし、今現在はまだ検討段階であり、2015年10月から「特定行為を実施する看護師の研修制度」がスタートすることが決まっているという状況です。

今後の動きに備えて準備を進めていこう

厚生労働省のHPをチェックすると、現在の状況を詳しく知ることができますので、興味がある方はこまめに情報収集を行っていくようにしましょう。
また、研修制度がスタートすると同時に、看護学校などでも特定看護師の資格取得を目指した講座が増えることが予想されます。

看護師の仕事にやりがいを感じることができない、もしくは可能性を広げたいと考える方は、特定看護師の制度が導入されることで、新しい働き方ややりがいが見つかる可能性は高いでしょう。

まだ準備段階とは言え、今から情報を集め準備を整えていくことで、いざ制度が始まったときにも順調な滑り出しができるはずです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ