産業看護師

f252bd1a28f4b7ef042264c95177a192_s

産業看護師って何?

看護師が活躍する場所は病院だけではありません。
他にも沢山の働き口がありますが、その中のひとつに「産業看護師」という働き方があります。
産業看護師は、産業という言葉からも想像できるように、企業に勤務する看護師のことを指します。

就業中の怪我や病気などに対処するのが仕事であり、いわば学校で働いている保健の先生の「企業版」と言ったところでしょう。

心のケアも重要な仕事!

また、産業看護師の仕事は、具合が悪くなった人を看護するだけが仕事ではありません。
もうひとつ非常に重要な仕事があります。
それが「心のケア」です。

今の日本はストレス社会と言われていますが、まさにその通りで、人間関係など働くことによるストレスが溜まりすぎ、精神的に病んでしまう方がたくさんいます。
うつ病で会社を長らく欠勤するといった状況が頻繁に起これば、円滑に仕事を進めていくことができなくなるでしょう。

こういった状況を未然に防ぐために、産業看護師が日頃の社員の健康状態をチェックしたり、メンタル面のアドバイスやケアをするのです。
時には相談ごとを聞いて励ますこともあります。

産業看護師になるためには?

他にも労働環境が適正かどうかをチェックするなど、様々な仕事があります。

勤務する企業によって仕事内容は異なりますが、現在は産業看護師を雇いたいと積極的に考えている企業が増えているため、興味がある方は求人を調べてみると、どのような仕事内容か、どのくらいの求人があるかなど様々な情報を得ることができるでしょう。

産業看護師になるためには、看護師資格の他に特別な資格は必要ありませんが、「日本産業衛生学会産業看護部会」の認定を受けなければ働くことができません。
また、認定されるためには同部会が規定している「産看護基礎コース」を終了するなど、決められた条件をクリアする必要があります。

病院で働くことに違和感を感じる方、違った働き方をしたいと考えている方は、産業看護師に注目してみると、新しい道が開けるかもしれません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ