保健師

fdbd8e665b2125a504ab150f85de6305_s

保健師の資格について

『保健師』という言葉を聞いたことがないという方は少ないかもしれませんが、保健師がどのような仕事をするのか正確に理解している方はあまりいないかもしれません。
そもそも、保健師と看護師とで何が違うのか・・・この辺りも不明瞭ですね。
では、保健師のお仕事について詳しくご説明していきましょう。

まず、保健師として働くためには、看護師資格が必要です。
看護師資格を所有している方が、保健師国家試験を受けることができます。

また、4年制の看護大学を卒業した場合を除いて、保健師になるための勉強を定められた期間行っていることなど、いくつかの条件があります。
保健師を目指す方は、まずはこの条件をよく確認しておくことが大切です。

保健師はどんな仕事をする?

では、具体的な保健師の仕事をご説明します。
保健師が活躍する場所は保健所や学校、企業です。

集団での検診や健康相談などで医師のサポートをしている看護師さん・・・この方々こそが保健師の資格を持っている看護師さんです。

一般的に、病院で働く看護師は、怪我をしていたり具合が悪い方たちのケアをしていますが、保健師はその反対で「健康管理」がメインの仕事となります。
この先も健康な体で活き活きとした毎日が送れるようにサポートをしていくのが大きな役割です。

子どもから高齢者まで幅広い相談窓口に

子どもの集団検診の場合は、子どもの発達具合を調査していくのも保健師の仕事のひとつですが、愛する我が子の発達が遅れていると知った母親はひどくショックを受けます。
このとき、母親の精神的なサポートをしていくことも保健師の重要な仕事です。

また、高齢の方は、老後に対する不安が強かったり健康状態が思わしくないといった状況から精神的なバランスを崩してしまうことがありますが、そのときも保健師が相談に乗ったりアドバイスをしていきます。

このように保健師の仕事は幅広く、基本的には健康をサポートしていくことが仕事なため、落ち込んでいる人を励ますことができる方や、悩みに応じた適切な対応ができる看護師の皆さんには向いている仕事だと言えます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ