認定看護管理者

d2c96213db672019c4665f9ab6fbbff9_s

認定看護管理者の役割

看護師のスペシャリストとも言えるのが、認定看護管理者です。
認定看護管理者には、後輩を育てるという役割があります。

看護師としてのスタートを切ったばかりの後輩たちに、リーダーシップを発揮しながら指導を行い、後輩育成に務めます。
そのため「指導」に対して消極的な方には不向きで、積極的にそして的確な指導をしていける人に向いています。

認定看護管理者になるための条件とは

認定看護管理者になるためには、看護師免許を取得していることが大前提となります。
さらに、免許を取得してから5年以上の実務経験も必要です。

後輩を育てる役割があるのですから、それなりの経験がなければ認定看護管理者として活躍することは不可能でしょう。
5年の実務経験がある方は、認定看護管理者の試験を受けるための研修が必要になります。

この研修はファーストレベル、セカンドレベル、サードレベルと段階が分かれており、ファーストレベルでまずは基本的知識を深め、セカンドレベルで中間管理者や監督者に必要な知識や技術を習得し、サードレベルで看護事業を運営できるだけの管理能力を身に付けていきます。

資格取得は大きな自信に

サードレベルが修了していよいよ試験を受ける条件が揃ったことになります。
試験には書類審査と筆記試験があり、これに合格して認定看護管理者に登録されます。

やはり管理者だけあって、認定看護師や専門看護師と比べると、試験を受けるまでに必要な条件が多くなっていますが、試験に合格した暁には自分自身に大きな自信とやる気がみなぎるはずです。

管理者としての立場は責任も重く、仕事に対するストレスも増えていくかもしれませんが、この資格があるからこそ、できる仕事がたくさんありますし、やりがいは充分に感じられるでしょう。

看護師として5年以上の実績がある方や、これから看護師を目指して勉強をしていく方は、特定看護管理者にも注目してみてください。
特定看護管理者としての実績は、転職をする際にも大変有利になりますので、取得後には様々なメリットを実感できるはずです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ