助産師

639706c1ba6fe0bbf040609011f25f11_s

幅広い助産師の仕事内容

助産師がどういう仕事をするか知らない方はほとんどいないでしょうが、「女性のお産を助ける」ことだけが仕事だと勘違いしている方もいるでしょう。
助産師には幅広い仕事内容があります。

まず、妊娠中の女性はつわりなどで精神的にも肉体的にもバランスを崩しやすいため、適切なアドバイスと処置を行っていきます。
トラブルなく、スムーズなお産を可能にするには、妊娠中から妊婦さんの健康管理をしていく必要があるのです。

また、出産に立ち会って様々なアドバイスをしながら、赤ちゃんを取り上げ、さらには生まれたばかりの赤ちゃんの健康管理や、産後の女性の体調管理なども行っていきます。

助産師になるためには?

赤ちゃんの誕生に立ち会うことには大きな感動と喜びが伴います。
それを毎日の仕事にできることこそが、助産師として働くことに対するやりがいや充実感に繋がっていきます。

助産師になるためにはどのような資格が必要なのでしょうか。
まず必要なのは看護師資格ですが、看護師資格を持っていれば誰でも助産師になれるわけではありません。

看護師の国家資格を取得している人が、助産師養成学校で1年間学ぶことで助産師国家資格を受験することができるようになります。
この国家資格に合格してようやく助産師として道が開けることになります。

ただし、4年生の看護学校に通っている場合は、看護大学のカリキュラムを修了することで看護師だけでなく助産師の国家資格を受ける条件を得られます。
また、助産学科のある専門学校に通う事でも国家資格の受験資格が得られます。

女性だけに認められたお仕事

現在のところ、助産師は男性の資格取得が認められていないため、女性だけができる仕事です。
また、妊娠も出産も女性にしかできません。
女性としての立場を活かしながら妊婦や赤ちゃんをケアするお仕事が助産師なのです。

看護師として働きながら助産師の資格取得を目指すことも不可能ではありませんし、これまでまったく別のお仕事をされている方にもチャンスはあります。
助産師に魅力を感じている方は、その気持ちを大切にし、進むべき道を考えていきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ