専門看護師

20110602224843-32S

専門看護師について知ろう

現在、看護師として働いている方の中で、今の状況に満足できていない方もいるでしょう。
看護師としてもっと技術を高めたい、知識を広げたいといった、向上心を持つことは素敵なことです。

そんな向上心を持つ看護師の皆さんが、活躍の場を広げることができる制度のひとつに「専門看護師制度」があります。
看護師の皆さん、そして今看護師を目指している皆さんは、専門看護師制度について詳しく知っておくと良いでしょう。

専門分野に特化した仕事が可能

専門看護師というのは、地域や家族などに対しレベルの高い看護を提供するために作られた制度です。
また、特定の医療分野に特化した、知識や技術力の高い看護師を輩出するに日本看護協会によって設立されました。
具体的には、がん看護、精神看護、地域看護、老人看護、小児看護など11の分野に専門看護が特定されています。

また、役割として『実践・相談・調整・倫理調整・教育・研究』の6つがあり、専門分野に特化した看護師として、幅広い活躍が期待されています。

専門看護師になるには?

ここで多くの方が気になるのが、専門看護師になるための方法ではないでしょうか。
まず、必要なのは看護師免許です。

この資格を持っていて、さらに専門看護師教育課程基準の単位を必要数取得しているなどいくつかの条件が定められています。
条件をクリアしている方が、書類審査と筆記試験を受けることができ、合格すると専門看護師に認定されます。

専門看護師の認定は5年ごとに更新され、これまでの実績を提示し、書類審査を受けます。

転職にも有利な専門弁護士

専門看護師に認定されている方は、転職にも有利になります。

今の職場に不満があり転職がしたいと思っていても、条件の良い転職先が見つからないのではないか?
という不安から転職活動に踏み込む勇気が持てない方がたくさんいます。

しかし、専門看護師認定という素晴らしい実績を履歴書に書くことができれば、今より好条件の職場に出会える可能性も広がるでしょう。
これから先も看護師の資格を活かして仕事をしていきたい方は、専門看護師の認定も視野にいれていくことをお勧めします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ